2011年03月08日

個展終了!!

 木村一成写真展「叙情都市名古屋」は、3/8に無事8日間の会期を終了しました。

 本当に多くの皆様にご覧いただき、生でご意見が聞ける貴重な機会でした。私が会場にいないときも、アンケート用紙に励みになるメッセージを書いてくださり、あとで読んで心と目頭が熱くなりました。

 写真を見て涙ぐむ人が結構多く、何がしか心に響くものがあったのではと思います。これこそが叙情の正体かもしれません。理屈や言葉にならないものだけど、しっかり人の心に伝ることがあるようです。写真という表現をやってきてよかったと思う一週間あまりでした。この場を借りてご来場いただいた皆様に御礼申し上げます。

 
 今回の写真展で得たものを糧に、もう少し撮影を続け、セレクトも編集も練り上げた写真集として仕上げたいと思います。ご期待ください。

300_0012.jpg
最終日、平日でも大勢の人が見てくれました。

300_0009.jpg
テンカは寝てますが、木村家で記念撮影。(撮影:カメラのサンヨー 狩野さん)
posted by アマゴンスキー at 23:55| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

写真展「叙情都市名古屋」開幕

 3/1、木村一成写真展「叙情都市名古屋」が開幕しました。初日から大勢の人にご来場いただき、貴重なご意見ご感想をいただきました。

 私は3/5(土)、8日(火)は終日います。他の日も、時間が許す限り会場にいるつもりです。
 ぜひご来場ください。

また、ケーブルテレビの取材があり、3月5日(土)、6日(日)の10:45からと、18:45からの一日2回づつ放映されるそうです。スターキャット・ケーブルネットワーク視聴できる方はご覧いただきたいと思います。カチンコチンの木村が見れます。

300_0021s.jpg
左は写真集の制作出版元、歴遊舎の岩月氏。(撮影:内藤昌康氏)

300_0003ks.jpg
壁面全長60m以上のギャラリーに、61点の写真が展示されています。
posted by アマゴンスキー at 23:55| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

「建築は生きている―吉村順三建築のいま」展

お知らせです。

2011.1.26(水)〜2.6(日)まで、名古屋市東区の「文化のみち橦木館」で、

「建築は生きている―吉村順三建築のいま」展が開催されます。

Junzo_Yoshimura.jpg
 
 会場内に設置された和紙スクリーンに、木村一成が撮影した吉村建築の写真を上映し、設計図や建築模型、家具なども展示。ぜひご来場ください。詳細は下記の「文化のみち橦木館」HPよりチラシのPDFをダウンロードしてご覧ください。

http://www.shumokukan.city.nagoya.jp/event/110126-0206/

 記念冊子も会場その他で販売いたします。吉村建築を木村一成撮りおろしの写真と興味深い記事で楽しめる本です。予価1,000円、ぜひ買ってね!




posted by アマゴンスキー at 22:11| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする