2011年01月31日

木村一成写真展開催決定

 やっと情報が出せます!!
 個展開催決定!!
 
 木村一成写真展「叙情都市名古屋」
 
 2011.3.1〜3.8
 名古屋栄セントラルパーク地下街のセントラルギャラリー。

ハガキ・デザイン(1月31日案)s.jpg

 壁面60mに及ぶ大きなギャラリーです。現在も同ギャラリーでは2/2までJPS東海メンバーズのグループ写真展を開催中です。私もこれに出品していますが、約一ヵ月後の同場所は自作のみで埋め尽くします。

 この「叙情都市名古屋」は、これからも撮影・編集と練り上げて、写真集として2011年中に歴遊舎より発行する予定です。絶対にスゴイ写真集になります。
 なにせ、数々の写真集の編集出版を手がけてきた歴遊舎代表の岩月正直氏が総合プロデューサーなのですが、カメラマンの木村以上に熱が入っています。岩月氏の熱気にケツを叩かれたり頭を引っ張られたりしています。そして、通称「教授」という博学の内藤昌康氏がテキスト面でサポート、見るだけでなく読む楽しみもある深い本になりそうです。

 写真展情報、写真集情報も、このブログで順次出していきます。まだまだサプライズ情報出てきます。どうぞ楽しみにしていてください。

 2011年は1月から吉村順三展、JPS東海メンバーズ展と続き、2月はテンカラキックオフミーティング、3月に個展開催、年内中に写真集刊行と楽しいことが続きます。

 え?テンカラ?
 もちろん行きます!!

 追伸、テンカラキックオフミーティングへの参加受付はお早めにお願いいたします。

 受付は下記のテンカラ大王、石垣研究室から。
 http://aitech.ac.jp/~ishigaki/
posted by アマゴンスキー at 21:35| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

橦木館にて吉村順三展始まる

 以前にも書きましたが、「建築は生きている―吉村順三建築のいま」展が、文化のみち橦木館( 名古屋市東区橦木町2−18)で26日、初日を迎えました。

初日前日は、寒い中夜遅くまでプロデューサーの小栗康生氏をはじめスタッフの皆さんが展示をされていました。貴重な建築模型や図面、家具などの展示物が数多くあり、破損などないよう細心の注意を払いながら粛々と作業されていました。まったく頭が下がる思いでした。私も少し顔を出してスライド上映の調整などをしてまいりました。

 ぜひ会場にて吉村順三建築の世界を感じてください。

 それから展覧会と同名の冊子も刷り上りました。

 Junzo_Yoshimura_book.jpg

 撮った自分がいうのもなんですが、この本、かなりいいです!
 吉村建築のファンならずとも永久保存版です。

 会場の文化のみち橦木館や、丸善栄店、ジュンク堂名古屋店、パルコ内リブロなどでもお求めいただけますが、遠方の方は下記URLの「棲」編集部までお問い合わせください。

http://www.jiyukukan.net/

posted by アマゴンスキー at 00:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も野鳥撮影

 鵜に続いてまたもや野鳥ネタです。

 つい先日、今年も名古屋ビジュアルアーツの写真学科1年生と、名城公園へ野鳥撮影に行ってきました。野鳥撮影初体験の学生ばかりでしたが、撮ろうという意識で探せば、案外見つかるもんですね。なんかヘンな色のとりぃ〜、くらいのノリで撮ったらカワセミだった、なんて学生もいました。これをきっかけにネイチャーフォトに興味が出てくる人もいるでしょうね。

300_0262.jpg

サギが小魚を狙っています。
二匹目のドジョウならぬナマズを狙いましたが、ま、滅多に撮れませんね。

300_0192.jpg

カルチェ・ブレッソンが撮った決定的瞬間の名作を彷彿とさせます。
・・・しませんか?

300_0083.jpg

カワセミの腹はオレンジだ、と教えておいたので、これをカワセミと間違えた学生もいたかも。
実はジョウビタキのオスです。

300_0168.jpg

恒例の記念写真です。
寒い中、お疲れさまでした〜。

posted by アマゴンスキー at 00:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする